g3gg0 / Pixabay

日頃疲れが抜けないあなた。

「十分な睡眠をとっているはずなのに朝起きても疲れが抜けていない。」

「いつも体がだるくて風邪をひいてないはずなのに熱っぽい」

「何事にもやる気が出なくて休日は寝てばかりいる」

「毎日憂鬱で会社に行きたくない」

もしかしたら慢性疲労症候群ではありませんか?

それならば疲れに効く食べ物を紹介します。

 

慢性疲労症候群の原因とは何なのか?

最近では疲労研究が盛んになってきており、慢性疲労症候群の原因の一つは自律神経の乱れとされています。

現代人はストレスと切っても切れない関係になっていますよね。

 

ストレスがたまると免疫力の低下により、体内のウイルスが活性化してしまいます。

ウィルスが活性化すると活性酸素を大量に発生させ、ウィルスを退治しようとします。

この時大量に発生した活性酸素が細胞を傷つけ、その結果、脳へ疲労が伝わります。

脳の中でも特に、自律神経の中枢に疲労が伝わり疲労を感じるようになります。

 

1.ストレスがたまり免疫低下

2.体内のウィルス活性化

3.体が大量の活性酸素を出してウィルスを攻撃

4.活性酸素が細胞を傷つける

5.細胞が傷つけられた事によって疲労が発生

 

慢性疲労症候群の症状とは

慢性疲労症候群の定義としては、「6ヶ月以上疲労が抜けなくて、日常生活にも支障をきたす」と定義されています。

 

インフルエンザに似た症状が続き、日常生活がままならなくなります。

慢性疲労症候群の人たちを診断すると、寝ている時でも交感神経が活性化しており、十分な休息がとれていないことがわかります。

 

交感神経と副交感神経の切り替わりがうまくいかないと気が休まらずに疲労が溜まる一方になってしまいます。

 

DarkoStojanovic / Pixabay

疲れの診断方法はあるのか?

 

疲れてくると口内ヘルペスが発生するという経験が有る人が多いと思います。

疲労が溜まってくるとHHVヒトヘルペスが活性化するのでヒトヘルペスの数をカウントすれば疲労度合いがわかります。

ただし、まだ一部のクリニックしか診断できません。

そのほかには、横になった状態から立ち上がり、血圧の変化をみたり、
心電図などから自律神経機能の低下状態を図るという方法があります。

 

疲れを回復させる疲れに効く食べ物とは

疲れの症状を和らげるには、ストレスで大量に作られた活性酸素を解消しなければいけませんよね?

活性酸素を除去するのは抗酸化作用がある食べ物を食べる必要があります。

活性酸素除去に効果があるのはビタミンC、コエンザイムQ10、やポリフェノールを多く含むトマト、アボカド、緑黄色野菜などを日々食べていくことが必要です。

でも毎日緑黄色野菜を十分にとるのは難しいですよね?

 

疲れに効く食べ物とは何か?

それならば日々の活性酸素除去にざくろジュースはいかがでしょうか?

野田のざくろジュースは、国内では珍しい有機栽培されたざくろのみを100%使用しているので安全です。

 

しかも国内の厳しい審査基準を満たしており安心して飲むことができます。

ざくろジュースには、ビタミンC、ポリフェノールが多く含まれており、活性酸素を除去するのに役立てることができますよ。

甘くておいしいざくろジュースならば毎日続けることができるのではないでしょうか?

 

「有機ざくろジュース」野田ハニー.com

サプリで疲れに効く栄養素をとるには

サプリで活性酸素をとるのであれば、還元型コエンザイムですね。

コエンザイムには酸化型と還元型の2つがあります。

でも市場に出回っている多くのコエンザイムは酸化型のものが多い状態なんです。

カネカのコエンザイムは還元型コエンザイムで体内でも吸収されやすいのでお勧めです。

 

カネカ・ユアヘルスケア通販 還元型CoQ10

抗酸化物質摂取と同時に細胞の修復作用のあるアミノ酸をとり、糖や脂肪をエネルギーに変換する役割を持つビタミンB1を取りましょう。