congerdesign / Pixabay

朝起きると体がだるいということはないでしょうか?
寝ても寝ても体がだるく、休んでも体が休めてない状態です。

疲れを取る為にはどうしたらいいのでしょうか?

各種アミノ酸、亜鉛などのミネラルを取れば良いのです。

アミノ酸やミネラル豊富な牡蠣やニンニクを食べればいいのですが、毎日摂るのは難しいですよね。

そこで簡単にサプリで補って疲れをとってしまいましょう。

 

専業主婦とはいえ家事は疲れる

働いてないからとはいえ、ちゅうこうねんにもなると家事労働は疲れるものです。

中村智子(仮名)さん曰く、「夫に家の中が散らかってるとか料理のおかずが少ないと文句言われるけど、家事労働の大変さをわかってない」との事。

そんな慢性的に疲れを解消するには発酵黒にんにく酢卵黄をとってみてはいかがでしょう。

名前の通り、疲労回復に有効な成分をまとめて摂ることができるサプリです。いつも疲れてイライラしている旦那さんにも勧めてみてください。

 

発酵黒にんにく酢卵黄には以下の栄養素が豊富に含まれています。

・総アミノ酸288,144mg → 黒酢の約44倍!

・亜鉛0.98mg → しじみの約50倍!

・ジンゲロール35% → 生しょうがの約1060倍!

・カルシウム21.7mg → 牛乳の約21倍!

・マグネシウム0.81mg → しいたけの約6倍!

・鉄分3.85mg → ほうれん草の約209倍!

 

DieterRobbins / Pixabay

疲れてやる気がでない原因とは?

疲れてやる気がでないのは、もしかしたらメンタルが原因かもしれません。

うつ病とまではいかなくても、セロトニンやドーパミン不足により、やる気が出なくて疲れが出ているのです。

セロトニンやドーパミンを増やすには、材料となるチロシンとフェニルアラニンを積極的に取りましょう。

 

和子さんは、いくら寝ても、ローヤルゼリーなど栄養を摂っても、疲れが抜けませんでした。

そこで、チロシンとフェニルアラニンを摂り始めるとこれまでの疲労が嘘のようになくなりました。

ドーパミンには喜びや快楽、意欲をもたらす働きがあるため、不足してしまうと無気力になりやる気がでなくなるのです。

セロトニンやドーパミンの材料となるチロシンとフェニルアラニンを含む食材は、大豆製品、豆類、魚介類、魚卵、肉類、チーズなどです。

 

毎日食べ物から摂取するのが難しい方は、疲れをとるためにもサプリを試してみてはいかがでしょうか?